本文へスキップ

      日本ソマティック・エクスペリエンス協会

ソマティック・エクスペリエンス®について



トラウマとPTSDPTSDの症状ソマティック・エクスペリエンス®とはセラピーの方法

よくあるご質問関連書籍のご紹介




トラウマとPTSD(心的外傷後ストレス障害)


 トラウマと言う言葉は、最近テレビやメディアなどでもよく見たり聞いたりする様になり、日常語の一つとして定着した印象もあります。若い方たちの間では、「なにかのきっかけ以来、ずっと嫌な印象が残っている」という位の意味合いでもよく使われている言葉のようです。

 トラウマ(trauma)とは、元々は「外傷(ケガ、またはケガによって出来た傷のこと)」を指すギリシア語でしたが、フロイトの『精神分析入門』などで、「強い衝撃的な出来事が精神的にショックを与え、後遺症のように心の傷を残す」という状態を「トラウマ」と表現するようになります。以降、トラウマという言葉は「心的外傷」という意味で広く用いられるようになりました。

このような精神的な強いショック、トラウマを受けたことが原因となって、他の人にはわかりにくい様々な症状を抱えてしまうことがあり、「PTSD」(心的外傷後ストレス障害、Post Traumatic Stress Disorder)と呼ばれています。

この「PTSD」という言葉が日本で注目を浴びるようになったのは、阪神大震災などの大きな災害のあと、被災された方々の支援を行う中での心のケアの重要性が認識されたことなどが契機であるとも言われていますが、実際にはPTSDは日常でも起こるような様々なことが原因となって引き起こされることがわかってきました。



実は、トラウマというのは、これまで考えられていたよりもずっとありふれたものであることがわかってきています。

 一般的にトラウマとされている戦争体験やレイプ、子ども時代の虐待や、地震や洪水などの自然災害以外にも、トラウマを引き起こす要因はたくさんあります。

例えば、次のようなものもトラウマの原因になりえます。
・交通事故
・高いところや階段からの落下
・あらゆる種類のけが
・重い病気
・手術など病院での処置や歯医者での処置
・困難な出産
・愛する人を突然失うこと
・上のような場面に居合わせたり、遭遇すること
・映画、物語などでの恐怖の体験
・社会的・仕事・学業上での失敗や、ピンチの経験による高い緊張・ストレス状態
・その他、詳細が不明の体験(本人の記憶に全くないようなストレス、トラウマ)

などです。PTSDの前提として「実際の死や重傷、あるいはその恐れがある出来事、または自分や他人の身体的統合がおびやかされる危険を体験したり、目撃したり、直面したりした」(DSM-Ⅳ)とありますが、これらは「主観的なもの」、つまり、「自分にとってそれが恐怖や脅威であった」ことが重要なのです。他人からの判断や見た目で決められるものではありません。
「こんなことは大した事ではない」という、しきたりや慣習、社会的なしがらみ、いつの間にか植え込まれた観念などに、人はいつの間にかとらわれて、自分自身の本当の気持ちや感情を見失ってしまうこともあります。また、トラウマ反応自体が自分の感じた恐怖を抑圧してしまうこともあります。

「こんなことで悩んだりしている自分が弱いんだ」などと思うことはありません。
「今この場所が安全であること」をしっかりと確かめながら、「今、自分の体や心が何を感じているのか」を少しだけ見てみることから、Somatic Experiencing®によるトラウマの治療は始まります。




PTSDのサインや症状


厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト」では、PTSDには以下のような症状があるとしています。
(以下、同サイトからの抜粋です)

 [1] 突然、つらい記憶がよみがえる

事件や事故のことなどすっかり忘れたつもりでいても、ふとした時に、つらい体験の時に味わった感情がよみがえります。
それは恐怖だけでなく、苦痛、怒り、哀しみ、無力感などいろいろな感情が混じった記憶です。周りからみると、何もないのに突然感情が不安定になり、取り乱したり涙ぐんだり怒ったりするので、理解に苦しむことになります。
その事件や事故を、もう一度体験しているように生々しく思い出されることもあります。また、同じ悪夢を繰り返し見ることもPTSDによくある症状です。

 [2] 常に神経が張りつめている

つらい記憶がよみがえっていない時でも緊張が続き、常にイライラしている、ささいなことで驚きやすい、警戒心が行き過ぎなほど強くなる、ぐっすり眠れない、などの過敏な状態が続くようになります。

 [3] 記憶を呼び起こす状況や場面を避ける

何気ない日常の中につらい記憶を思い出すきっかけがたくさん潜んでいます。多くのPTSD患者さんは何度も記憶を呼び起こすうちに、そうしたきっかけを避けるようになります。
どんなことがきっかけになるかは本人でなくてはわからず、本人も意識できないままでいることもあります。
意識できない場合でも、自分で気づかないうちにそうした状況をさけるようになるのです。
その結果、行動が制限されて通常の日常生活・社会生活が送れなくなることも少なくありません。

 [4] 感覚が麻痺する

つらい記憶に苦しむことを避けるために、感情や感覚が麻痺することもあります。そのために家族や友人に対してこれまで持っていたような愛情や優しさなどを感じられなくなったり、人にこころを許すこともできなくなりがちです。
これは、つらい経験の記憶からこころを守るための自然の反応なのです。

 [5] いつまでも症状が続く

こうした症状は、つらく怖い経験の直後であればほとんどの人にあらわれるものです。ですので、事件や事故から1ヶ月くらいの間は様子をみて、自然の回復を待ってみます。
数ヶ月たっても同じような症状が続いたり、悪化する傾向がみられたら、PTSDの可能性を考えてみてください。



また、そのほかにも、このような症状もあることが知られています。
多くの場合、一般の(神経内科、消化器科などの)病院で診察を受けても原因が分からないといわれたり、過労やストレスが原因という診断で、根本的な治療が出来ずに症状が繰り返したりすることが多いようです。
( ※ 事前に、医師から身体疾患・外傷が原因ではないと明確に診断されていることが重要です)
・意味もなくドキドキして夜なかなか眠れない
・薬を飲んでも繰り返す頭痛や腹痛
・特定の方向を見るのが苦手だ(頭が痛くなったり、目が痛くなったりする)
・手や足が自分のものでないような感じがする、自由に動かしにくいと感じることがある
・手や足の感覚が感じられない(感じられない、ということに気がつかない場合もあります)
・特定の場所や状況になると、動悸やめまいがする(パニック障害の場合もあります)

トラウマ反応は時として、「色々な診療科にかかったけれど、理由が分からない」「自分でも全く心当たりがない」「なぜこのような症状が出るのか説明がつかない」などと言った形の身体症状として現れることがあります。




【参考】DSM-ⅣにおけるPTSDの定義

アメリカ精神医学会の診断・統計マニュアル第4版(DSM-Ⅳ)におけるPTSDの定義は以下の通りです。
(訳は藤原千枝子による)

A. その人が、以下の両方を含むトラウマとなる出来事にさらされたことがある。
   (1) 実際の死や重傷、あるいはその恐れがある出来事、または自分や他人の身体的統合が
      おびやかされる危険を体験したり、目撃したり、直面したりした。
   (2) その人のその出来事に対する反応には、強い恐怖、無力感、戦慄が含まれた。
      注:子どもの場合は、まとまりのない、あるいは動揺した行動として表現されることがある。

B. トラウマとなった出来事が、以下のひとつ以上の方法で繰り返し再体験され続けている。
   (1) イメージ、思考、知覚を含む、その出来事の反復的、侵入的な回想。注:幼い子どもの場合は、
      トラウマの主題や場面が表現された反復的な遊びが起きることがある。
   (2) その出来事に関する、反復的で苦痛を伴う夢。注:子どもの場合、内容を認識できない悪夢で
      あることがある。
   (3) そのトラウマとなった出来事が繰り返されているかのように行動したり、感じたりする(その体験を
      再現する感覚や、錯覚、幻覚、解離性フラッシュバックのエピソードを含み、覚醒時、または薬物や
      アルコールの影響下で起こるものを含む)
      注:幼い子どもの場合、トラウマの具体的な再現が起きることがある。
   (4) トラウマを引き起こした出来事のある側面を象徴し、または類似している内的あるいは外的きっかけに
      さらされることへの強い心理的苦痛。
   (5) トラウマを引き起こした出来事のある側面を象徴し、または類似している内的あるいは外的きっかけに
      さらされることへの生理的反応。

C. トラウマを連想させる刺激の持続的な回避と、トラウマ以前には見られなかった一般反応の麻痺が、
  以下の3つまたはそれ以上において見られる。

   (1) トラウマを連想させる思考、感情、会話を避ける努力
   (2) トラウマを想起させる活動、場所、人々を避ける努力
   (3) トラウマの重要な側面を思い出せない
   (4) 重要な活動への興味や参加が顕著に減少する
   (5) 他者との解離や疎遠の感覚
   (6) 情緒範囲の限定(例えば、愛する感情を持てない)
   (7) 未来が短縮された感覚(例えば、キャリア、結婚、子ども、平均寿命などを期待していない)

D. トラウマ以前には見られなかった持続的な亢進症状が、以下の2つかそれ以上に見られる。
   (1) 入眠、睡眠維持の困難
   (2) いらいら感、怒りの爆発
   (3) 集中の困難
   (4) 過度の警戒心
   (5) 過大な驚愕反応

E. 障害の期間(B,C,Dの症状)が一ヶ月以上続く。

F. 症状が、社会的、職業的、あるいは他の重要な機能面で臨床的に多大な苦痛または障害を引き起こす。


ソマティック・エクスペリエンス®(SE)とは


 トラウマ治療のメソッドである「ソマティック・エクスペリエンス®」を開発したピーター・リヴァイン博士は、トラウマについて、従来とはまったく異なる見方を提案しました。心理学者であると共に神経生理学者でもある彼は、以下の2点からトラウマの成り立ちについて考察しました。

① 野生動物は日常的に捕食動物からの攻撃にさらされているのに、人間のようなトラウマを受けて苦しむ事がない。

② トラウマの原因に関わらず、トラウマによって人間が苦しむ症状はほぼ同じである(不眠、フラッシュバック、パニック障害など)。

これらの点から研究を進めた結果、リヴァイン博士は、トラウマは個々の出来事の問題ではなく、それらの出来事に対して神経系がいかに反応するかという問題である、という結論を導き出しました。

 本来、動物は、危機に直面した際、①逃げる、②戦う、③硬直する、のいずれかの行動を取ります。
 逃げるときも戦うときも、人間(動物)の神経系はフルスピードで回転しています。硬直しているときも、一見何も起きていないように見えますが、実は体内では同じように神経系が全速力で活動を行い、膨大な量のエネルギーを作り出しているのです。

圧倒的な脅威に対しては逃げられるときは逃げますし、逃げ場がないときには戦うこともありますが、その両方ともがうまく行かなかった場合は、凍りつく(硬直する)というパターンを取ります。


硬直は、万が一逃げ切れなかった場合に、その瞬間の苦痛を感じずにすむというメリットがあります。
交通事故に遭った人が、事故の瞬間を覚えていなかったり、子ども時代の性的虐待の犠牲者が、その出来事を覚えていなかったりするのはよくあることです。
これは、生物にとって、意識が身体にとどまっているのがあまりに衝撃が強く危険な場合、苦痛を避けるために自動的に肉体から感覚を切り離した状態、「解離(かいり)」の状態になることがあるからです。

 野生動物の場合なら、硬直(死んだふり)をすることで、捕食動物が隙を見せる場合があり、その隙を突いて逃げ出すことができます。また、捕食動物によっては、動いている獲物しか狙わないという本能があるため、硬直した相手を追うのをやめることもあります。それで敵が立ち去れば、襲われた動物は硬直状態を解き、身震いして過剰なエネルギーを振り落とし、自由に動ける状態にまで回復していきます。このプロセスを自然に行うことで、動物は身に起こる脅威や危険を「トラウマ」として抱えずにすむことが出来るのです。これは原始的な脳による、本能に基づいた行動です。

しかし、人間の場合は、あまりに発達した脳の知的部分(大脳新皮質)が意味づけや理由付け、不都合な体験の抑圧を行ってしまうことがあるため、本来動物が持っている自然で本能的な「エネルギーの解放」の反応が起こりません。したがって、過剰に喚起されたエネルギーは「硬直(凍りつき)」が起こったままの状態で行き場を失い、神経系の中で解放されずに蓄積されたままになってしまいます。リヴァイン博士は、この、行き場を失って蓄積された過剰なエネルギーが、トラウマに起因する色々な症状を作り出していると考えました。

 人間の脳の本能をつかさどる部分は、他の生物、原始時代の状態の脳とほぼ同じままです。原始時代の人間は、常に危険にさらされていました。そのため、危機に際してはエネルギーを全力で放出して危険に対処するよう、人間の脳と身体はいまでもプログラムされているのです。しかし、このエネルギーを一気に解放することは大きなリスクを伴うことが多く、そうした治療法の多くには効果があまりないことが明らかになっています。これまでのトラウマ治療は、主に心理面からのみ語られ、身体面からはほとんど語られることがありませんでした。伝統的なトラウマの治療法である薬物療法(トラウマの症状の原因となる脳や神経系の過剰な活動を薬で抑える)、カタルシス療法(トラウマに関連した激しい感情的追体験をすることでトラウマの解放をこころみる)、認知行動療法(偏ってしまった考え方、行動を修正していく)などがありますが、いずれもトラウマ治療に関しては長期的な効果があまり見られないと言われています。

 したがって、この過剰エネルギーを自然な方法で、少しずつゆっくりと解放させていくことがトラウマ治療のポイントといえます。これに関して、リヴァイン博士は、「癒しのプロセスは、劇的でなければないほど、またゆっくりと起これば起こるほどより効果的である」と述べています。リヴァイン博士が開発したソマティック・エクスペリエンス(SE)は、人間が本来の動物と同じ様に持っている「身体感覚」を主に使った、まったく新しいタイプのトラウマの治療メソッドです。ここでは、神経系がトラウマによって抱えた過剰なエネルギーのゆっくりとした解放を目指しているため、トラウマやその体験について「言葉で」語ることは重視されません。身体の状態を感じ、それに呼応して身体が自然に反応し、身体が少しずつエネルギーを解放していくことが重要で、これが従来の治療法と違う画期的な点です。

 トラウマや、そこから生じる様々な症状は複雑で捕らえにくく、終わりのない苦しみのように感じられることも多いですが、本来は決してそうではないのです。時には時間がかかっていくとしても、トラウマは、どんなに重く苦しいものであっても、少しずつ変わっていくことが可能であるものだと、この治療法は教えてくれます。
 そして、大きなトラウマをくぐり抜け、癒し、より良い自分につながっていくという経験は、その人にとって何物にも代えがたい財産になることでしょう。

(参考:ピーター・リヴァイン著、藤原千枝子訳「心と身体をつなぐトラウマ・セラピー」雲母書房より)






ソマティック・エクスペリエンス®(SE) セラピーの方法


SEは、一般的に普及しているカウンセリング(対話や言葉のやり取りを中心に行われる形式のカウンセリング)とは違った特長があります。
その一部を挙げてみると、
 ・過去の経験だけに焦点化して話をせず、今感じている気持ちや身体の感覚に気づくようにする
 ・身体の反応、身体的な感覚から、現在のトラウマ反応の状況に気づく
 ・「今、ここ」で安全を感じられるような資源や身体感覚をしっかりと保ち、解離を避けるように進める
 ・感覚やイメージなどを使いながら、行き場のないトラウマのエネルギーを安全に解放へと方向付ける
 ・身体的な入力や感覚を意識しながら、今の安全な場所からトラウマを解放に向かわせる。
 ・トラウマ反応における身体的な癒し、回復を引き出すため、タッチ(触れる)などの身体的なアプローチ(ボディーワーク)も必要によって併用することが出来る
 
SEは、「身体的な(Somatic)経験(Experience)」としてのトラウマを扱い、身体的に感じられる様々な反応や、感じられるイメージを通じて、凍りついたまま行き場を失っいる神経系の、トラウマのエネルギーを安全に解放していきます。

SEには、大きく分けて2つの方法があります。
①カウンセリングのように、椅子などに座って進められる方法
②身体に軽く触れたり、必要なところをセラピストが接触してサポートしながら行う方法

いずれの場合にも、クライアントが最も望む方法を自分の意思で選んで行われることになります。
何よりも重要なのは、セラピーを受ける方が「今、ここの安全」を確かめながら少しずつ先に進んでいくことなので、そのために必要に応じた提案をセラピストがします。

SEは、一例として下のような形で進められます。
・今の状態を確認する
・今の安全を確かめ、解離を防ぐための資源を確保する
 (セラピーの初期の段階では、ここに重点が置かれることが多いです)
・扱いたいテーマについて確認する(特になくても、思いつかなくても大丈夫です)
・現在の身体の状態を確認する
・今の安全や感覚を確認しながら、身体的な反応や、イメージを少しずつ追いかけていきます
・トラウマのエネルギーに巻き込まれないようにしながら、徐々にトラウマのエネルギーを解放していきます
 (解放のプロセスに到達するには時間がかかることがありますが、それまでの過程でもセラピーの効果は実感されることが多いです)
・無理のない範囲で区切り、今の安全を確認して1回のセラピーを終了します

一般的なカウンセリングを想像してSEを受け始めた方の中には、「これが本当にカウンセリングなのか」と思って戸惑う方もおられるようですが、SEは癒しを目的にしたセラピーの一種です。分からないこと、こうしてみたいと思うことなどがあれば、セラピーの途中でも気軽にセラピストにご相談下さい。セラピストは皆さんのご希望を尊重し、安全な環境でセラピーを進めていきます。





よくあるご質問

Somatic Experiencing®(以下、SE)について、よくあるご質問についてまとめました。

① 「痛みを伴ったり、苦痛を伴ったりするものなのですか?」

 ⇒ 原則的に、痛みや苦痛を伴うことを目的とした治療法ではありません。
   SEでは、「少しずつ」「ゆっくり」「苦痛のない範囲から」を治療の原則としています。

 これまでのトラウマ治療に用いられていた方法(カタルシス療法)などでは、過去のトラウマを呼び起こすために、セラピーを受けている方が苦痛を感じるような状態に陥ったり、急激にトラウマにアクセスしようとするためにその時受けていた痛みなどをそのまま呼び起こすようなこともありました。
 
 SEで用いられるトラウマ治療の方法は、「冷たい水に足をつけるような慎重さで」と表現されることもあります。
 これは、先にご説明したような、「強いトラウマの渦」に引き込まれず、自分自身の安全を保障した状態で、今現在の自分が十分耐えられる程度のところから、ごく少しずつ、慎重にトラウマから起こる「反応」を確かめていくことにセラピーの主眼があるからです。事故のケースや、暴力・外傷を伴うトラウマなどには身体的な痛みを伴っているものもありますが、急激な痛みや苦痛の感覚、記憶が起こりそうになった際は、無理せず、すぐに「今、ここ」の安全を確かめながらセラピーを進めていきます。

 トラウマから来る痛みの感覚に引き込まれないように、細心の注意をもって、「セラピーを受けている方が安心して受けられる」ことを重要視して慎重に進めていくことが基本です。

 これまでにカタルシス療法などを受けておられた方の中には、「こんなに穏やかだと、逆に効果がないのでは」と心配になることもあるようですが、「『穏やか』であることは『安全』であること」だとSEでは考えています。




② 「自分の中で原因がはっきりしていないと、受けてはいけないのですか?」

 ⇒ そんなことはありません。
   上記「PTSDのサインや症状」に該当する症状を自覚されている(または周囲の方から指摘された経験をお持ちの)方は、お近くのSEセラピストに相談してみるという方法があります。 


 トラウマの治療において難しいことの一つは、「自分には原因が思い当たらない」ケースも多いことです。
これにはいくつかの原因が考えられます。
   ・社会的な立場や文化的なジェンダー観(男性だから○○であるべき、女性だから○○であるべきだ)という固定観念によって、「なんでもないことだ」と思い込んでいる(あるいは、思い込まされている)
   ・あまりに辛い体験だったので、無意識のうちに忘れようとしてしまっている(「抑圧」と呼ばれる心の働きです)
   ・明確な記憶がない(頭部への強い衝撃や外傷性ショックなどで生じることがあります) 
   ・言語化・表現の手段を身に着ける以前の乳幼児期に起こった出来事なので、記憶としての形態をもたない(物心つくまえに受けたトラウマは、言葉やイメージと言った記憶の形を持てないこともあります)

 自分で症状に気がつかれる方もおられますが、ご家族や周囲の方から「最近、何だかすごくイライラしているんじゃないの」と心配されたり、とあるケースではお子さんから「最近のパパ、何だかいつも怒っているみたいで怖い」と言われて初めて気がつくということもあったそうです。

 自分の状態がいつもと違う、あるいは、何かイライラしたりして落ち着かないことが多い、というところまでは自覚できても、それがどの位なのか、という客観的な状況まではなかなか把握できないことも多いですし、自分でも原因が分からない場合にはなおさら、そのことに気づきにくいものだとも考えられます。また、このような状態になっているときは、なぜか周囲からの助言や心配の言葉をそのまま受け取れなくなっていることもあるようです。

 ご家族の方や周りの方から心配された時、「そんなことないって言ってるじゃないか!」と怒ってしまうのは、すでにイライラしている証拠です。「ちょっと待てよ、何で自分はこんなに怒っているんだ?」とふと振り返ってみて、その原因がうまく思い当たらないとき、たとえばお近くのSEセラピストに相談してみる方法もあることを知っていただければと思います。最適な方法を一緒に探してみることが出来るかも知れません。




③ 「ボディーワーク(身体に触れるセラピー)が苦手です。SEは受けられませんか?」

 ⇒ セラピーやセッションの形態は、クライアント(セラピーを受けられる方)が最も安心できる形式で提供されます。
   セラピストから指定されることや強制されることは一切ありません。
   また、セラピーの方法は、自由に選ぶことが出来ます。


 SEセラピストには、心理療法が専門のセラピストや、タッチワークやボディーワークが専門のセラピストなど、様々なセラピストがいます。皆すでに専門家として経験を積んでいる療法家であり、それぞれの専門領域にSEの技法をプラスして用いています。心理療法でSEを体験してみたいと思われる方は心理療法のトレーニングを受けたSEセラピストに、ボディワークでSEを体験してみたいと思われる方はボディーワークのトレーニングを受けたSEセラピストに連絡を取ってみてください。
 もちろん、セラピストがクライアントの許可なく身体に触れることはありません。









ソマティック・エクスペリエンス®(SE)関連書籍のご紹介


ピーター・リヴァイン 著    藤原千枝子 訳
「心と身体をつなぐトラウマ・セラピー」 雲母書房

      

新しいトラウマ・セラピーの手法であるソマティッ ク・エクスペリエンス(SE)の創始者、ピーター・リヴァイン博士によるSEの解説書です。トラウマの仕組みや状態を分かりやすく解説し、一人でできるエクササイズも紹介されています。自分が苦しんでいるのはトラウマが原因ではないかと考えている方、実際にトラウマに苦しんでいるという方には、必ずお役に立てる本です。




ピーター・リヴァイン、マギー・クライン 著    浅井咲子 訳
「こどものトラウマ・セラピー」 雲母書房

      

 子どものセラピーに造詣が深く、2004年インド洋津波のあとタイに赴き、トラウマを受けた子どもたちへのグループワークに貢献した著者マギー・クライン。
 保護者・教師・心理職・ソーシャルワーカー・医療関係者などに向けて、すぐ使える画期的なアプローチを紹介しています。
 本書はピーター・リヴァイン博士が開発した安全で自然なトラウマ療法、ソマティック・エクスペリエンスのエッセンスを子どもに使えるようにまとめたものです。(雲母書房 ホームページより転載させていただきました)






Japan Association of Somatic Experiencing®
(JASE)
日 本ソマティック・エクスペリエンス協会

somaticjapangmail.com